サンセイアールアンドディ「P寄生獣」発表

株式会社サンセイアールアンドディはパチンコ新機種「P寄生獣」を発表した。

原作漫画は1988年~1995年まで月刊アフタヌーンにて連載され、近年アニメ化や実写映画化もされている岩明均氏の漫画作品『寄生獣』とのタイアップ機。

本機種は一種二種混合機となっており、通常時に3、5、7図柄で大当りすると「咲々チャンス」(6回)に突入し、消化後も「増々チャンス」(5回)’に突入と、約1/7.4で図柄揃い大当たりする最大11回のチャンスゾーンに突入と短時間でも楽しめる。

また演出面では、画面が歪み違和感がMAXになればパラサイトが登場と原作の世界観が楽しめる。

スペックは大当り確率:1/199.80、チャンス中図柄揃い確率:約1/7.4、右打ち時MAXラウンド割合70%となっている。

ホール登場は2019年2月4日を予定。


©岩明均/講談社