ネット「スナイパイ71」発表

ネット株式会社はパチスロ新機種「スナイパイ71」を発表した。

今回発表されたのは、2013年同社から発表された「スナイパイ72」の続編で、本作も伝説の貧乳スナイパー・ミウの活躍が楽しめる。

本機種の特徴は筐体カラーによって技術介入モードが異なっており、青色に光り輝いた筐体は難易度低め、2コマ目押しの「スタンダードモード」。赤色に光り輝いた筐体は爽快感炸裂、ビタ押しの「プロフェッショナルモード」。いずれも、目押しカットイン発生でデカパイ図柄の目押し成功が鍵となっており、完全攻略時における機械割は「スタンダードモード」で102.0~109.3%、「プロフェッショナルモード」だと、104.1~110.1%とプレイヤーの腕次第となっている。

また、本機種は「おしりペンペンタイム」が復活! 新生「おしりペンペンタイム」は、シリーズ初の差枚数上乗せでMAX99%のガチループ! 通常時の特定条件で発動するプレミア感覚の上乗せ特化ゾーンとなっている。

ホール登場は4月上旬を予定。


©NET CORPORATION