ユニバーサルエンターテインメント「SLOTデッド オア アライブ5」新機種記者発表会

2016年7月12日、株式会社ユニバーサルエンターテインメントはユニバーサルブロス社製パチスロ新機種「SLOTデッド オア アライブ5」の新機種記者発表会を有明フロンティアビルにて開催した。


2
記者発表会では株式会社ユニバーサルエンターテインメント 執行役員 マーケット戦略室 室長 長谷川崇彦氏より「本日発表するユニバーサルブロス社製『SLOTデッド オア アライブ5』は、新筐体『BAZOOKA II』で発表する第一弾機種となります。新筐体に切り替わるというところを当初から見込んで開発陣も機械づくりをしていますので、今の基準を熟知し、ソフト面とハード面両方から開発を進め、今回皆さんに発表できる手立てとなっております。この筐体で勝負をかけていきたいという風に思っておりますので、第一弾のこの機種からアクセルを上げて頑張っていきたいと思っております。」と、本機種と新筐体に対する意気込みが語られた。

3

4

5
株式会社ユニバーサルエンターテインメント マーケット戦略室 課長 山本学氏からはシリーズ累計販売本数970万本の世界で一番美しい格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE」のコンテンツ説明、初代「BAZOOKA」のウーファーやワイドフルHD液晶など良い部分はそのままに、スピーカーの構成、筐体を彩る電飾の大幅強化、画像処理能力が4倍アップした新筐体「BAZOOKA II」の説明、そして今回発表された「SLOTデッド オア アライブ5」のゲーム性の説明が行われた。

8

9

10

11

12

13

14
約220枚獲得できるビッグボーナスと純増約1.74枚獲得できるARTを搭載した「SLOTデッド オア アライブ5」。バトルの勝ち方でARTゲーム数が変化するチャンスゾーンや、停止すればするほどチャンスとなるバトルシンボル図柄などゲームの世界観をリールと液晶で十分に楽しめるほか、7揃い高確率の上乗せ特化ゾーンや7ゲーム間のSTタイプの特化ゾーンなど出玉増加のキーとなる熱い部分も多数盛り込まれているのが特徴となっている。

ホール登場は8月22日を予定。

©コーエーテクモゲームス ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT