ユニバーサルエンターテインメント ユニバカ×サミフェス2016にて「プロトタイプ筐体」を展示

2016年7月24日に開催された「ユニバカ×サミフェス2016」のメインエリアにて今後登場する!?プロトタイプ筐体をメインエリア内特設ブースにて展示された。ブース内には新映像・新技術が多数搭載されたプロトタイプ筐体を一目見ようと多数の来場者が興味深く眺めていた。


1

2
WIZARD-PM「花火絶景」
 WIZARD-PMはプロジェクションマッピングとロボットアームを組み合わせており、2つのスクリーンはロボットアームにより変幻自在に動き、プロジェクションマッピングによって様々に変化する。
 スクリーンを映す映像はHANABIシリーズがモチーフになっており、大花火でお馴染みの4thリールもプロジェクションマッピングで表現されている。

3
PERFECT SCREEN RPM
 リアプロジェクションにより筐体全面に映像を映し出す。リールまでもプロジェクションマッピングにより表現し、筐体全面を使うことで今までにない迫力ある映像表現ができるほか、デザインを切り替えることで、まったく違うタイトルの筐体に変化することもできる。

4

5
GRAN SCREEN
湾曲スクリーン&リアプロジェクションにより、業界最大の映像領域を実現しているほか、業界最小の盤面サイズのぱちんこ機の新たな姿を提案したGRAN SCREEN。
内臓データカウンターもリアプロジェクションで表現されており、盤面の映像を切り替えることで違うタイトルに変化することもできる。
 また、 セキュリティ面でも、新しいリアルタイム監視システムが搭載されている。

7

6
WIZARD-RPM「ANOTHER GOD HADES2」
 リアプロジェクションにより映像を映し出しているパチスロ筐体。湾曲したスクリーンに特徴があり、そのエッジにまで美麗な映像が映し出されるため、インパクトのある映像表現が可能。映像は「ANOTHER GOD HADES」の続編と思われるタイトル。

8
SCLEAR
 リアプロジェクションを採用した次世代サイネージで、高精細かつ大画面の映像表示が可能となっている。
 また「CALL」機能はボタンではなくセンサー式となっているのも特徴。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT