山佐「パチスロ ソウルキャリバー」発表

山佐株式会社はパチスロ新機種「パチスロ ソウルキャリバー」を発表した。

1996年にアーケードゲームとして登場。シリーズ全世界累計出荷本数1,400万本突破し、今年20周年を迎える「SOULCALIBUR」シリーズ初となる「パチスロ ソウルキャリバー」。液晶はバンダイナムコエンターテインメントが担当、シリーズ最高峰の映像演出でソウルキャリバーの世界観が楽しめる。

ゲームシステムには全ての状態で、払い出し全てに意味がある『ペイアウトリンクシステム』を採用。通常時は払い出しの累計が規定ソウル数に達するとチャンスゾーン「ナイトメアバトル」を抽選。チャンスゾーンでは払い出し枚数に応じてダメージや抽選を行い、ART中では払い出し枚数に応じてソウルが減算され、0になればデッドラインバトル突入を抽選。上乗せ特化ゾーンでは払い出し枚数とキャラクターの組み合わせによってART上乗せゲーム数が変化など、自力感の強い遊技性が特徴となっている。

ホール登場は2017年1月下旬を予定。


©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©YAMASA