フィールズ「パチスロ おそ松くん」発表

フィールズ株式会社はD-light社製パチスロ新機種「パチスロ おそ松くん」を発表した。

1962年から約7年間、週刊少年サンデーで連載され、その後テレビアニメ、実写ドラマなど放送。2016年には『おそ松くん』が大人になった物語『おそ松さん』が制作され、日本キャラクター大賞グランプリや流行語大賞にノミネートされるなど社会現象を巻き起こした、赤塚不二夫氏原作のギャグマンガ「おそ松くん」とのタイアップ機。

本機種は306枚、204枚、36枚獲得できるボーナスと純増約2.0枚、1セット30ゲーム+αのA+ART機。出玉率は97.3%~119.2%、ART突入時にイヤミが六つ子全員見つけることができればART最大継続率89%になるという、スロット全盛期を盛り上げた名機、初代「おそ松くん」のループ率と出玉率の遺伝子を引継いでいるほか、平均上乗せ200Gのエクストラボーナス、直乗せ時の1/4で突入する高継続特化ゾーン、ART666ゲームを超えれば!?など、様々な出玉トリガーを持っているのが特徴となっている。

ホール登場は4月下旬を予定。

©赤塚不二夫/ぴえろ