ユニバーサルエンターテインメント ぱちんこ新機種「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」スロット新機種「ラグナロクサーガ」記者発表会

2017年6月12日、株式会社ユニバーサルエンターテインメントは、メーシー社製ぱちんこ新機種「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」、スロット新機種「ラグナロクサーガ」の記者発表会を開催した。


記者発表会では主催者を代表し、執行役員 マーケット戦略室 室長 長谷川崇彦氏より「(ユニバカ×サミフェス2017について)今年の7月30日、東京ビックサイトにおきましてユニバーサルカーニバル2017×サミーフェスティバル2017をサミーさんとの共同開催で行わせて頂くことになっております。今年に関しましては、両社がタッグを組む、あるいは単体のメーカーとして、こうやってパチンコ・パチスロの未来を切り開いて行くんだ、という会にし、ユーザーの皆様に『パチンコ、パチスロまだまだいけるね』というイベントにしたいと思っております。

『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』は、ハーデスというタイトルをぱちんこに持ってきて、しかも大当り確率1/319、確変突入率:65%の枠のなか、何ができるのか?という事で様々な仕様の工夫をし、爆発力を究極までアップしております。

『ラグナロクサーガ』は、単純明快で熱いところはしっかり解かって、刺さる時は刺さるというゲーム性で、解りやすく言うと『ミリオンゴッド』シリーズ+『SEVEN RUSH』と非常にわかりやすいゲーム性で、市場で長く使って頂けると思っております。」と、主催者を代表して意気込みが語られた。

CRアナザーゴッドハーデス アドベント

数字or図柄が揃い、その後ジャッジメントでラウンドを決定というパチスロ「アナザーゴッドハーデス」の流れを汲んでいる本機種。「図柄巨大化」「ハーデスの槍」といったスロットでお馴染みの演出に、新キャラ「タナトス」やストーリーリーチを加わり新たな魅力が加わったほか、大当りラウンド後のステージがハーデスステージなら次回大当たりまで確変というループタイプとなっている。また、ハーデスステージには図柄変動が毎変動高速になるハーデスBOOSTも存在し、速さと出玉が楽しめるのが特徴となっている。

スペックは大当たり確率:1/319.7、確変突入率:65%となっている。

ホール登場は7月を予定。

ラグナロクサーガ

北欧神話を登場するオーディンを主人公にしたオリジナルコンテンツ「ラグナロクサーガ」。本機種は図柄が揃えば大当り。その後は7揃いのたびにゲーム数が上乗せされる「RUSH」に突入しゲーム数を決定。その後純増2.0枚のART「ラグナロク」に突入という同社の「ミリオンゴッド」シリーズに、7揃いの連続が気持ちいい「SEVEN RUSH」を搭載した本機種。

お馴染みの1/8192で7揃い5回保障+MAX90%ループの一撃性能を搭載しているほか、SEVEN RUSHが覚醒する闇モードも存在し、パチスロファンが熱く楽しめる要素が多数盛り込まれているのが特徴となっている。

ホール登場は7月を予定。


©UNIVERSAL ENTERTAINMENT