三洋「三洋物産 インターナショナル ライフセービングカップ 2017」開催

株式会社三洋物産は6月24日(土)・25日(日)、福岡県福岡市早良区シーサイドももち海浜公園百道浜地区東側にて『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2017』を開催した。

記念すべき第10回大会となる今回、7カ国・地域から8チーム80名の選手が参加し、ゴールの先にある命を救う事を想定したレース、11種目の競技を男女それぞれのカテゴリーで競い、2日間の国別総合順位が決定した。

総合優勝はオーストラリアで、10回連覇を達成。続く第2位は日本A(トップ選手)、第3位の強豪ニュージーランド。

日本Aは1日目にサーフスキーレース女子で山本裕紀子選手が第2位、ビーチフラッグス男子で森新太郎選手が第2位、ボードレスキュー男子で第2位、ビーチリレー女子で第2位、ビーチリレー男子で第1位、レスキューチューブレスキュー男子で第2位など、好成績を連ねて1日目を総合2位で終え、そのままニュージーランドから逃げ切る形で2位を維持し続けました。

2日間にわたって繰り広げられた熱戦の総合順位は以下の通りとなります。

【三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2017 総合順位】
第1位 オーストラリア854ポイント
第2位 日本A 711ポイント
第3位 ニュージーランド703ポイント
第4位 南アフリカ596ポイント
第5位 アメリカ558ポイント
第6位 日本B 551ポイント
第7位 オランダ472ポイント
第8位 香港315ポイント