高尾「パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド」プレス説明会

2017年7月7日、株式会社高尾はパチンコ新機種「パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド」のプレス説明会を同社東京支店にて開催した。

プレス説明会では株式会社高尾 広報宣伝室 河村将徳氏より「『パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』は、高尾×美少女、セクシーバトルパチンコをコンセプトに原作の世界観を最大限に活かしつつ、スピード感ある打ち心地を楽しめるように開発致しました。美少女コンテンツに力を入れている高尾では、原作の雰囲気をパチンコで再現する為、セクシーな演出はもちろん。『奴ら』とのゾクゾクするような戦い。そして、打ち心地の快適さを追求し、2スペック開発しております。」と、開発コンセプトや機種説明がおこなわれた。

2006年に月刊ドラゴンエイジにて連載が開始され、その後テレビアニメやパチスロ化もされた「学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド」とのタイアップ機。
本機種では、セクシーな演出やバトルが楽しめ、毒島冴子の名台詞「濡れるッ!」が発生すればチャンスと原作の雰囲気が楽しめるほか、右打ち「奴RUSH」に突入すればスピード感あふれる展開が楽しめるのが特徴となっている。

スペックは大当り確率:1/319.6、リミッタ:8回、確変継続率:92.5%、確変突入率:63.9%※時短含む、大当り出玉:約450個or約600個or約750個or約900個の「パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド 319Ver.」と大当り確率:1/217.7、リミッタ:8回、確変継続率:90.9%、確変突入率:69.1%※時短含む、大当り出玉:約300個or約400個or約500個or約600個の「パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド 217Ver.」の2スペックが用意されている。


©佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会