ユニバーサルエンターテインメント「タロットエンペラー」発表

ユニバーサルエンターテインメントはユニバーサルブロス社製パチスロ新機種「タロットエンペラー」を発表した。

リバイバルをテーマとしてパチスロ原点の“出目”や“技術介入”で楽しむA PROJECT第8弾となる「タロットエンペラー」。

最大獲得枚数311枚のBIG BONUS、104枚獲得のREG BONUS、2種類のボーナスとRTを搭載したボーナス+RT機。

本機種は「ハナビ系RT」を採用しており、ボーナス終了後に突入するRTタロットチャンスでは技術介入要素JAC INハズシでゲーム数を引き延ばしつつ、移行リプレイ入賞で30Gor100GのRT「タロットゲーム」に突入。RTゲーム数が最大130ゲームになった事でBB+RTの獲得期待値が400枚となっている。

また、本機種はA PROJECT初の液晶搭載機となっており、4号機「タロットマスター」の世界観を出目以外でも体感できるのが特徴となっている。

ホール登場は11月下旬を予定。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT