サンセイアールアンドディ「CR彼岸島」発表

株式会社サンセイアールアンドディはパチンコ新機種「CR彼岸島」を発表した。

2002年から週刊ヤングマガジンにて連載が開始。現在も続編が好評連載中の松本光司氏原作漫画「彼岸島」とのタイアップ機。

本機種は通常時から左打ち(明ルート)ならば、ST突入率80%、ST継続率64%のV-ST機でST中の演出は人間VS吸血鬼の戦いが楽しめ、右打ち(師匠ルート)は、時短、確変無し、50%で2400発獲得できるノーマルA-Type機と、打ち方によって出玉・ゲーム性が異なり、プレイヤーが時間がない時には右ルートで一発を狙い、STならではのドキドキ感や人間VS吸血鬼のバトルが楽しみたい人、じっくり遊びたい人は左打ちと、プレイヤーによって打ち方、遊び方を考えられる業界初の戦略的パチンコとなっているのが特徴となっている。

スペックは左打ち(明ルート)、大当り確率:1/256、ST突入率:80%、ST継続率:64%、大当り出玉:約560個or約700個or約840個or約2400個、右打ち(師匠ルート)、大当り確率:1/256、大当り出玉:約560個or約2400個となっている。

ホール登場は2月4日を予定。


©松本光司/講談社 ©2016「彼岸島」製作委員会