ユニバーサルエンターテインメント「CRミリオンゴッド ディセント」記者発表会

2018年3月12日、株式会社ユニバーサルエンターテインメントはメーシー社製ぱちんこ新機種「CRミリオンゴッド ディセント」の記者発表会を開催した。


記者発表会では株式会社ユニバーサルエンターテインメント 開発本部 マーケット戦略室 室長 長谷川崇彦氏から主催者を代表して「開発のコンセプトとしましては、今回枠が『BAZOOKA響』に替わって、これからユニバーサルグループとすれば、ぱちんこにもいよいよ切り込んでいく第一弾となります。弊社が『ミリオンゴッド』というタイトルを使うからには、2400発の大当りというものの使い方というのを非常に苦心しました。この部分の出玉と確変ループが被さった時の出玉性能を中心に開発いたしました。」と、本機種への意気込みが語られた。


ぱちんこミリオンゴッド正統後継機となる本機種「CRミリオンゴッド ディセント」。
本機種は確変ループタイプとなっており、初当り16R確変からの確変性能がCRアナザーゴッドハーデス アドベントを凌駕しているほか、電サポ大当り時の16R比率は70%。一度2400発獲得と確変ループが絡めばミリオンゴッドの名に恥じぬ出玉性能が期待できる。

また演出面では新枠「BAZOOKA響」による音と光が融合した演出が楽しめるほか、ゼウスとハーデス、交わる事のなかった神々の戦いが本機種で味わえることができる。

スペックは大当り確率:1/319.6、確変突入率:65%、最大大当り出玉:2400個となっている。

ホール登場は5月上旬を予定。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT