ユニバーサルエンターテインメント「SLOTパックマン」新機種記者発表会

2018年3月22日、株式会社ユニバーサルエンターテインメントはメーシー社製パチスロ新機種「SLOTパックマン」新機種記者発表会を開催した。


記者発表会では株式会社ユニバーサルエンターテインメント 開発本部 マーケット戦略室 室長 長谷川崇彦氏から主催者を代表して「今回『パックマン』とのタイアップ機を発表させて頂きます。まずは弊社とバンダイナムコエンターテインメント様とのプロジェクトを発表させて頂きたいと思っております。スロットマシンの世界におきましては楽しい機械を作ってユーザーの皆様に喜んで頂こうという思想の基、パチンコ・パチスロの開発を進めているところでございますが、この度バンダイナムコエンターテインメント様とタッグを組ませて頂いて、さらにアミューズメント業界に切り込んでいきたいと考えております。プロジェクト名は『ファミスロ』とつけさせて頂きました。」と、今回のプロジェクトに関しての説明。続いて「完全告知機・告知ランプとしてパックマンのキャラクターを使用させて頂いております。完全告知機でありましてもパチスロ機でありますから、リール制御の部分に関しましてはユニバーサルグループとしては手が抜けない、ここを作り込むのが弊社の強みだと思ってますので、当然どこから押しても楽しめるポイントがある深みを追求して開発の方をさせて頂いております。完全告知機とは言え奥深い部分を残しておりますので、是非遊技して頂きたいと思います。」と、本機種への意気込みが語られた。


続いて、今回のバンダイナムコエンターテインメントとのコラボ企画を盛り上げるファミスロ宣伝大使を務める高橋名人がゲストトークに登場し、長谷川室長とのトークセッションが行われ、パックマンがパチスロ化された事に関し、「最初はとうとう来たか!という感じですね。今までパチスロの世界に色々なキャラクター・コンテンツが登場しているのですけど、昔の有名なゲームキャラクターが登場するのはあまりなかったはずなんですね。世界的みてもパックマンは有名ですから、いつかは登場するかと思っていましたが、やっと来たか!という感じでしたね。」と第一印象が語られたほか、「80年に登場したパックマンなんですけど、年齢、男性女性問わず、非常に人気の高いキャラクターだと思います。そういう意味ではいろんな方に本機種を遊んで頂ければと思います。私もファミスロがある限り応援させて頂きます。」宣伝大使としての抱負も語られた。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT