三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2018開催

株式会社三洋物産は、6月23日(土)・24日(日)『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2018』を福岡県福岡市早良区シーサイドももち海浜公園百道浜地区東側で開催で開催した。

本大会では7カ国・地域から8チーム80名の選手が参加。11種目の競技を男女それぞれのカテゴリーで競い、総合1位はオーストラリアで、驚異の11連覇を達成。続く第2位はニュージーランド、そして第3位に日本A(トップ選手)が入った。

2日間のレースを通して、上位2チームが1日目総合結果より2日目のポイントを下げた中、日本Aは大きくポイントを伸ばし、初日の修正をしっかりかけて追い上げた。

ビーチリレーでは、日本A男子が、2日連続1位を制し、2日目は日本A女子も1位を獲得。また、2日目ビーチフラッグス男子では、1位に和田賢一(日本A)、2位に堀江星冴(日本B)とツートップで入り、ビーチ競技の強さをみせつけた。

2日間の総合順位は以下の通り。
【総合順位】
第1位オーストラリア 897ポイント
第2位ニュージーランド 869ポイント
第3位日本A 675ポイント
第4位南アフリカ 617ポイント
第5位アメリカ 568ポイント
第6位イギリス 511ポイント
第7位日本B 457ポイント
第8位香港 251ポイント

競技結果詳細はホームページをご覧ください。(http://sanyo-lifesavingcup.com/